最低限の知識を持って出産祝いを贈ろう

結婚という一つのお祝い事が済んだあと、次にくるお祝いが出産のお祝いだと思います。
新しい命が産まれるということはとても大きなことで、結婚に重きを置かなくても出産は大切にしているというところもあります。
出産に関する贈り物は、たいてい出産内祝いとして自分から贈るものが主流です。
しかし、近年ではそれが他の内祝いと同じようにもらったお祝いに対するお返しという認識に変わってきています。
もともとは、子どもが産まれた喜びを、主産祝いにつける「のし」に産まれた子どもの名前を書いて親戚や友人、近所の人に贈ってお知らせするもののことを出産内祝いといいました。
なので、お宮参りの頃にお祝いの贈り物を先に贈ることで出産内祝いは成立するのです。
ただ、最近では自分から内祝いを贈る前に贈られてくる場合のほうが多くなってきているので、お宮参りの頃までに贈っていただいた方にのみお返しして、そのあとは随時お返ししていけば良いでしょう。
また、出産祝いは自分たちよりも産まれてきた子どもがメインの行事なので、贈り物に子どもの名前入りの「のし」をつけることを忘れないようにしましょう。
「のし」にはいろいろ種類がありますが、出産内祝いには「内祝」の文字を名前の上に書いたり、「命名」という文字の書かれた命名札が使われたり、最近ではもっとカジュアルに「のし」ではなく写真入りのメッセージカードに名前を書いて子どもの名前をお披露目したりもします。
内祝いの品としては、紅白饅頭や砂糖などが主流ですが、食料品やタオル類なども多いようです。
出産祝いの品はたくさん出ているのでいろんなものから検討してみるのも良いかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2021お祝い事の鉄則を知ろう☆贈り物選びの注意点.All rights reserved.