間違えやすい内祝いの本来の意味

祝い事というのは細かな行事も合わせていくと思ったより多く、そしてその中でもどんな行事を大切にしているかはその家によって異なります。
昔は何事も盛大に祝ったのが通例でしたが、最近では時代が変わって大きな祝い事をしない人が増えました。
たとえば結婚の祝い事は特に何もせず籍を入れただけの簡単なものだったのに、子どもが産まれたときの出産祝いは盛大に行ったという人もいます。
そういうなかで、よく聞くのが内祝いです。
内祝いとはその名のごとく身内でやるお祝い事のことですが、最近ではお祝いでもらった贈り物に対しての返礼品というのが主流となっています。
しかし本来の内祝いは、自分のところに良い知らせやおめでたいことがあったときに良いことのお裾分けとして自分から先に贈り物をして知らせるもののことをいいました。
なので、相手から贈り物をもらうより先に内祝いを贈るのが通例だったのです。
時代の流れでいつの間にか内祝いはいただいたお祝いのお返しというイメージがついてしまいました。
それが間違っているというわけではないのですが、昔ながらのやり方で贈り物とともに良い知らせを相手より先に贈ってみてはいかがでしょうか。
「自分から贈るのはちょっと。」という先入観からなかなか難しいものがありますが、相手にまた違った印象を与えてくれる場合もあります。
たとえば内祝いの代表的な例である結婚式の引き出物、これもいただいたご祝儀に対するお礼の品というよりも、結婚した喜びのお裾分けという意味の方が強いのです。
こういうとこからも内祝いの名残があったりもするので、試しに贈ってみるのも良いかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2021お祝い事の鉄則を知ろう☆贈り物選びの注意点.All rights reserved.